鳥インフルエンザ

豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザウイルス「H7亜型」が検出された

っていうニュースをネットで見たのがお昼ゴハンの時。

それから1時間半後に中村保険所からこの件で電話をもらいました。はやいねー

注意事項だったんですが

  • 外に飛んでいる野鳥やハトと接触しないように
  • 販売用の鳥とハトなどとを接触させないように
  • 豊橋市からの鳥の仕入れをしないように

という大まかなお知らせでしたが、後からFAXで詳しいお知らせも届きました

そこには農場の概要、経緯、今後の対応も記載されていましたが

私たちや鳥を飼っている一般の人が知っておくこと、気をつけることとして

  • 国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、これまでペットとして飼っていたニワトリや小鳥が直ちに危険になることは無い
  • 清掃や糞の始末をする時はマスク、手袋、エプロンを着用すること
  • 鳥との濃厚な接触は避け、触った後は必ず手洗いをすること
  • 飼っている鳥に異常が見られた時や、飼っている鳥が大量に死亡した時は保険所に連絡をすること

ということです

卵や肉を食べることにより、鳥インフルエンザが人に感染したという報告は世界的にみてもないそうです。でも今回は32万羽のうち28万羽が殺処分されるそうですねweep

これ以上規模が拡大しませんように。

一日も早く落ち着いてほしいものです。

| | コメント (0)

反省

Cimg5110

夕方、愛犬パピの様子が突然おかしくなったんです。

からだはガクガク震えているのに、口をあけてハァハァと熱そうに息をしていてね。

一瞬何かの中毒症状なのかと思った。熱いのか寒いのかわからなかったし。

思い出してみたけど、今日一日怪しいものを食べたような心当たりはなくて。
水を飲まそうとしたけど嫌がって飲もうとしない。

しばらく抱いて様子を看ていたんだけど、全然良くならなくてね。

もどしたり下痢をしていることはなかったんだけど。。。

念のために体温を測ってみたら、なんと37.6度で止まってしまった。平熱よりも1度も低かったのよ。寒かったのか。

・・寒かっただけ?

とりあえずは体温を上げなければということで、ダンボールにペットヒーターを入れてシーツを敷き、私の上着も入れて(これは安心させるためとお布団代わりに)、その中にパピをれて上から蓋をした。(もちろん呼吸は出来るように密封の状態ではないです)

時々様子を見るために箱を覗くと、すぐに気がついて目と目が合ってしまったんだけど、そのうちに熟睡したみたいで、閉店になって起こすまで眠り続けていました。

箱から出したときはからだがポカポカになっていましたhappy01

この時はからだの震えもハァハァも止まっていました。
風邪のひきはじめだったのかな?

今日は気温が16度になるということだったので、お店の暖房を夕方まで入れなかったのよね。

お年寄りのパピにはそれがきつかったかな。たまたま服も着せてなかったしね。

夜11時過ぎになって、ようやく自主的にごはんを食べました。

たっぷりお水も飲みましたし、もう安心かな。

老犬や子犬は、季節の変化、気温の変化には急についていけないのかもしれないね。

まだまだ充分に暖かくしてあげないと駄目だね。

かなり反省il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (2)

動物病院

Cimg4846_2

小鳥または小動物を診てくれる獣医さんを紹介します

セントラル動物病院(中村区中島町) 小動物OKです

渡辺獣医科病院(中村区亀島) 小鳥・小動物OKです

星野動物獣医科(中川区) 小鳥・小動物OKです

中郷どうぶつ病院(中川区中郷) 小鳥・小動物OKです

まんまる動物病院(西区枇杷島) 小鳥・小動物OKです

バードクリニック アベス(中区新栄 雲竜ビル) 小鳥OKです

みずの動物クリニック(甚目寺町小路) 小鳥・小動物OKです

調べてみると、この他にもまだありました。
受診されるときは、あらかじめ連絡されてから行かれることをお勧めします。小動物は種類によっては診られない動物もあるようですので。

| | コメント (2)